1件 のおすすめコメントが寄せられています

みんなのコメント

1人が回答
長針と短針が単なる針ではなく、中心部に幾何学模様つきでデザインされているので、時間とともに文字盤に浮かぶ模様が変わります。針の先に丸いのがついているのが短針で、文字盤に書かれた数字と重なるとその中に浮かんで見えるようになっています。ぱっと見たときに時間がわかるというより、「オブジェかと思ったが、よく見ると時計」という一品ですね。日本の会社の製品ですが北欧っぽさもあります。
ポルカドット さん(50代・女性) 2019-09-08 05:02:08