1件 のおすすめコメントが寄せられています

みんなのコメント

1人が回答
釜底の凸形状なので、釜中央部の気泡をより多く発生する「新泡昇り釜底」は、本炭でつくられて10mmの厚みがあります。お米が一粒一粒ふっくらしっとりと炊き上がります。保温の温度も選べるので、美味しいご飯が長く楽しめますよ。
mii さん(30代・女性) 2021-08-28 11:31:19
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE