本ページはプロモーションを含みます
  • Rakuten

みんなのおすすめコメント(全1件)

たけ花子(50代・女性)
2023/04/13

もし当日ではなく前々から飾る場合には、春は風の強い日も多いので、大きくて長い故に鯉のぼり同士が絡み合ってしまったり、屋外に置いて雨に濡れてしまうと劣化も避けられないので、水の重しで片付けも行いやすく斜めに吊るす事でお互い絡みにくく(水の重しの下に台を置いたりして斜めの角度調節も行いやすいです)風にそよぐこちらをお勧めしたいです。

こいのぼり 錦鯉 ワタナベ 鯉のぼり 庭園用 1.5m おてがるセット かなめ ナイロン 【2023年度新作】 wtk-lskg015

もうすぐ終了